2011年11月07日

初めてのことで・・・

何がなんだかな〜、、な今日この頃です

先月から、小規模GHの「水道直結方式スプリンクラー」でてこずってますもうやだ〜(悲しい顔)

スプリンクラーには「乾式」と「湿式」があり、直結でも、単純な直結と増圧方式とがあり
乾式と湿式では、配管の途中や末端の水処理の方法が変わります
面倒なのは、図面だけでなく、水理計算もです(-_-;)

今までの直結給水方式とは少しずつ違うし、
消防との事前協議が済んでOKをもらってからでないと
水道局との事前協議もできません・・・・・・あ、書いてるうちに眩暈がww

そんなわけで(どんなわけや?)、先月にやっとスプリンクラーの事前協議が終わり
今度は、生活用水の直結給水方式の事前協議を、、、、

という事になり、本日の午前中、局担当者に予約を入れたのですが
土曜の夕方(それも帰る頃になって)、湿式に変えたいと、部長が言い出し
なんだかんだと言い出してきた(ちゃぶ台があったら、ひっくり返したい気分になったわ)

仕方が無いので、今日は局の担当者に謝りをいれ、事前協議のやり直しと
ご相談という形で、部長と二人で出かけていったのさ

まあ、予算が決まっている中で、いかにコストを下げるかも腕の見せ所。

私達は、お客様のニーズにいかに添えられるか、有るだけの知恵を絞り
設計が変わるたびに、少しでも無駄なく作業がしやすいようにと考え抜くわけ。

簡単に言う事柄も、実はすごく大変なことだったり、そうでなかったりもするが・・・
建築設計さんと比べたら、確かに、誰かが言うように、私達の仕事はいい加減に見えるかもしれない

が、あくまでも法の範囲内で出来る限りの良策を講じているのだ

「水」という生活に欠かせないものを扱うことは 実は思った以上に神経を使う
沢山の規則や縛りがある中をいかに上手に使いこなして最善を尽くせるかという行為が
実はものすごく面白い

話がそれたたらーっ(汗)

まあ、とにかく、今までの残業も片付いたと思った仕事も
すべては、いつか訪れるかもしれない現場の為の勉強という事にして
一から、やることになった


そんな気分のなか、何も知らない社長が
その繋がりの現場の直結給水と、スプリンクラーの事前協議を急ぐようにと
夕方になって言って来た(>_<)

明日から、また悩める子羊(?)は、手探りで先を進むしかない



さてさて。 また話が変わります(ブログのネタに困らない私)

気分転換というわけではないが、
帰り道、ホームセンターでお買い物してきた
買うつもりがなかった鍋まで 買っちゃったし(笑)

なにやら「暖房効果があるグッズ」なんぞが沢山展示中で
思わず手が・・・・・・・(笑)手(パー)

ついでに小ぶりの湯たんぽちゃんをゲットるんるん

これは、旦那に使わせようと思う。
私は、去年同様、モンベルの#3で、ぬくぬくと温まるので〜すww
シュラフをお持ちの方、もったいないので是非是非ご活用ください

3秒で、眠りにつけます(* ̄m ̄)プッ



posted by いおん at 23:22| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/234058299
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。